投稿日:

強度確保で重要!型枠工事のコンクリートの異常状態について

こんにちは!埼玉県越谷市やさいたま市、草加市など県内全域や関東を対象に、型枠工事一式を行っている建設業者の有限会社白浜工務店です。
型枠工事では、コンクリート打設を行うことが一般的です。
そこで今回のコラムでは、万が一の場合に備えて、型枠工事のコンクリートの異常状態についてご紹介します。

ジャンカ

家の模型と虫眼鏡
ジャンカとは骨材が基礎コンクリートの一部分に集まり、空隙になった不良部分のことで、豆板とも呼ばれています。
セメントと粗骨材が十分に混ざっていないことで起こる施工不良で、一般的な施工ではジャンカが発生しないように注意しながら攪拌を行います。
施工不良は技量不足で発生することもありますが、高所から生コンクリートを打設すると資材が分離しやすいため、それが原因で発生することもあるのです。
そしてジャンカの状態は何段階かに分かれているのですが、建材が表面に露出して叩いても削っても剥がれない状態の場合は、ポリマーセメントペーストを塗布し補修する程度で修復できます。
不良が酷い状態だと、内部にまで多くの空洞が発生し、叩くとバラバラに剥離します。
この状態まで不良になってしまうと、コンクリートを打ち替えるしか方法がありません。
建物が倒壊してしまう恐れもあるので、ジャンカが発生しないようにしっかり攪拌し、分離しないように施工をしましょう。

凍害

凍害とは、コンクリート中の水分が凍結してしまい、水和反応が阻害されて十分な硬化ができなくなった状態です。
初期凍害とも呼ばれており、一度発生してしまうと本来のクオリティを得るのが難しくなります。
コンクリート打設時には気温に気を付けて、打設後には適切な養生を行うようにしましょう。
また、コンクリートのひび割れも、凍害が原因で発生することがあります。
早期の段階で対策を行うことが重要です。

【求人】白浜工務店では新規スタッフを募集中!

上向き矢印 パズル
弊社は、未経験者でも働きやすい型枠工事業者として、さまざまな取り組みを行っております。
弊社で、型枠大工として一緒に働きませんか?
業界にご興味のある方や、協力会社として型枠工事に取り組みたいとお考えの企業様は、ぜひ弊社へご応募ください。

白浜工務店では協力会社様を募集中!

弊社では、協力業者様も募集中です。
法人から個人事業者まで、仕事を探している会社様・一人親方様を歓迎いたします。
関心をお持ちの方は、ぜひお気軽にご連絡ください。
最後までご覧いただき誠にありがとうございました。

有限会社白浜工務店
〒343-0807 埼玉県越谷市赤山町1-245-1
電話:048-966-6091 FAX:048-963-8676

この記事を書いた人

カテゴリー

関連記事

埼玉で型枠工事のプロフェッショナルを目指すなら白浜工務店で一流の技術を身につけませんか?

埼玉で型枠工事のプロフェッショナルを目指…

有限会社白浜工務店は埼玉県越谷市を拠点に、さいたま市や草加市など県内全域や関東一円で活動しています。 …

ホームページを開設しました。

ホームページを開設しました。

有限会社白浜工務店では、新たにホームページを開設しました。 これまで以上に施主さまにご満足いただける …

ベテラン社員に聞く!型枠工事のやりがい

ベテラン社員に聞く!型枠工事のやりがい

こんにちは! 有限会社白浜工務店です。 弊社では、埼玉県越谷市を拠点に、型枠工事を行なっております。 …