投稿日:

型枠工事・型枠材料の歴史をご紹介!

こんにちは!埼玉県越谷市を拠点として、関東一円で活動している型枠工事業者の有限会社白浜工務店です。
型枠工事は、建物を鉄筋コンクリートで建てるときに必要な型枠を、現場で組み立てるものです。
今回は、型枠工事・型枠材料の歴史についてご紹介します。

型枠工事の歴史


鉄筋コンクリートづくりの技術は、ジョゼフ・モニエというフランス人によって1850年に発明されました。
実際に建物に使われるようになったのは、1880年以降になってからです。
日本にも鉄筋コンクリートづくりの技術は伝わりましたが、日本で初めてコンクリートづくりの建物が型枠によってつくられたのは1899年頃といわれています。
実は鉄筋コンクリートづくりの建物が普及するのには、時間がかかりました。
鉄筋コンクリートづくりの傑作といわれる「高島屋京都店」が完成したのは1912年のことです。
さらに、この後の関東大震災によって、鉄筋コンクリートづくりが優れていることがわかって普及したとされています。
これ以降、型枠工事はコンクリート工事の要となりました。
またコンクリートの生産は1875年頃には始まっていました。
ミキサーは1910年頃には運転されていましたが、コンクリートは現場練りが一般的で、運搬・打設は人の手によって行われていたのです。

型枠材料の歴史

明治時代は、実矧ぎ(さねはぎ)で、50mm~90mmの厚さのばら板を組み立てていました。
大正時代になって、今の2×6パネル、3×6パネルのベースになる木製定尺パネルが考えられ、型枠材料が非常に効率よく加工、組み立てができるようになりました。
木製定尺パネルの登場により、型枠材料は大きく変わりました。
この後、改良が行われて、今使っているコンパネが1970年頃から普及したといわれています。
1950年頃、現在のフォームタイ・セパレータ・コーンがアメリカ式コンクリート工事を参考にして、標準的な型枠材料になりました。
1955年~1965年にかけて工事量が多くなったことによって、型枠精度の低下が多くあらわれるようになり、締付具はその当時の番線から今の鋼製の単管パイプ・パイプサポートになりました。

【求人】有限会社白浜工務店では新規スタッフを募集中!


有限会社白浜工務店では、型枠工事の現場スタッフを募集しておりますので、意欲のある方は奮ってご応募ください。
技術を使って取り組む仕事ですが、未経験の方も弊社では大歓迎しております。
ご興味がございましたら、ぜひ求人ページをご覧ください。
最後までご覧いただき誠にありがとうございました。

有限会社白浜工務店
〒343-0807 埼玉県越谷市赤山町1-245-1
電話:048-966-6091 FAX:048-963-8676

この記事を書いた人

カテゴリー

関連記事

残暑見舞い申し上げます

残暑見舞い申し上げます

こんにちは、埼玉県越谷市を拠点に関東・東北一円で型枠工事や外構工事などさまざまな施工を承っています有 …

最近の施工風景

最近の施工風景

こんにちは、埼玉県越谷市の有限会社白浜工務店です。 弊社は関東・東北一円で型枠工事を承っています。 …

看板犬のご紹介!

看板犬のご紹介!

こんにちは、埼玉県越谷市を拠点に型枠工事一式・戸建住宅の外構工事を請け負っています有限会社白浜工務店 …